• 記事検索

RSS

再び見直されているアロマのお話(*^◯^*)

皆様〜☆今日は、アロマのちょこっと歴史をお話しますよー(^O^)

アロマは植物から抽出した成分です(精油)
古代から怪我や痛み、消毒や体調不良などで先人達が工夫をし、葉をすり潰して傷につけたり、又は煎じて飲んだりと、さまざまな植物をさまざま工夫しながら薬として役立ててきたんですよね(*^^*)

時は流れ〜しだいに科学、医療が発展し、西洋では人工的に有効成分を合成し化学薬品の治療法に変わったんですよ(^^)
しかーし20世紀に入ると化学薬品の副作用が判明し、病気の治療だけを重視する現代の医学のあり方が見直されるようになったんですよね(*^^*)

そこで再び注目されたのが、自然治癒力を高める植物療法なんですよね
それがアロマ(精油)・ハーブなんですよ(^^)
♪新しい療法ではなく、実は人間(先人達)が生きてくる為に必要な療法だったんですよ〜(^O^)
現代では医療現場でも補完代替え療法としてヨーロッパから普及しました(^^)
それに自宅でも簡単に行えるし、体だけではなく、心も癒すので心身の不調を改善するのに役立てる事ができるんですよ(*^^*)
画像
原因の分からない体調不良の(O_O)そこのあなた‼
ぜひ、私にご連絡下さい(*^◯^*)
☆チャルーでは体調の事やアロマに興味のある方など、施術を前提ではなくても、ご相談に乗りますよ〜(^^)
*空いて居る時間帯になりますから事前にご連絡(電話、SNS)して下されば対応いたしますよ〜(*^^*)
1人でも多くの皆様のお役に立てればと思っております。

画像
明日はアロマ(精油)ができた由来をお話ししまぁす(^O^☆♪
ぜひ明日も観てくださいねぇ(*^◯^*)

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):