• 記事検索

RSS
皆様〜(O_O)若年性更年期障害と更年期障害の共通する全ての症状は〜‼

原因不明のこんな症状ありますか?
頭痛、ふらつき、不眠、めまい、耳鳴り、微熱、目の疲れ、涙目、イライラ、憂鬱、肩こり、首や背中の痛み、動悸、息切れ、呼吸困難、異常に汗をかく、喉の乾き、胃痛、食欲不振、吐き気、嘔吐、腹部膨満感、腹鳴、ガス、便秘、下痢、頻尿、腰痛、全身の筋肉痛、手足の痛み、しびれ、冷え

(°_°)このような原因不明の症状がある方はホルモンバランスからの自律神経の乱れか、ストレスと生活習慣からの自律神経の乱れかもしれませんね(・・;)

image
ではでは、さっそくひどくならない為に(^^)
☆まずは、自律神経が乱れる事で、免疫力が下がります。
免疫力が下がる時のメカニズムは、最初に筋肉がかたくなる、そうなると血管が縮む、栄養、酸素が身体にうまく回らなく、体温が下がる、血行が悪くなりリンパの流れも悪くなるので、老廃物が排出できない。それにより免疫がなくなるんですよ(O_O)
免疫力がなくなると全ての器官に影響してしまいます(´Д` )

☆今日はお伝えしきれませんでしたけど、明日からは予防、過ごし方、ハーブティー、アロマなどの順にお伝えしていきたいと思います(^O^)

☆ぜひ明日も観てくださいねぇ(^O^☆♪

皆様〜今日は、更年期障害の症状にとっても関係している、っていうか、人間が生きて行くのに不可欠な自律神経のお話ですよ(^^)

まずは自律神経には、交感神経と副交感神経があります、心身の機能を調節してくれる神経です。

これらのバランスがなんらかの作用で崩れると、あらゆる症状が表れます。
まずは自律神経の崩れが交感神経に偏ると、寝つきが悪い、眼精疲労、イライラ、肩こり、腰痛、高血圧、動悸、冷え、などのいろんな症状が表れます。

副交感神経に偏ると、落ち込み、うつ、眼精疲労、食欲ふしん、だるい、低血圧、アレルギー、冷え、下痢、などの症状があります。
☆要するに、交感神経は頑張る神経で(血管が収縮する)、副交感神経は癒しの神経で(血管が拡張する)、バランスがとれる事で身体の元気さが変わってくるんですよ(^^)

バランスを崩した自律神経はホルモンバランスにも作用し、さまざま障害となって症状を悪化させます。
つまり、若年性更年期障害も自律神経であり、更年期障害も自律神経の障害からきているのです(°_°)

image
☆明日は、共通の更年期障害に負けない過ごし方、食べ物、ハーブティーを紹介しますよー(^O^)
明日もぜひ観てくださいねぇ(^O^☆♪

皆様〜(^^)今日は、最近多いと言われている若年性更年期障害、又、更年期障害の症状をお教えします(^^)
今回も何回かに分けてシリーズで記載します(^^)最後に過ごし方や更年期障害に良いアロマやハーブティーも紹介しますので、ぜひ毎日観てくださいねぇ〜(^O^)

☆まずは若年性更年期障害ですが20~30歳に多くて、若いのにしっかり更年期障害の症状があるんですよね(°_°)
私のクライエントさんで中学生のお嬢さんが、まさしく若年性更年期障害で来店してます(´・_・`)
20~30歳と思いきや最近は低年齢化しています(・・;)

では、なぜでしょうか(°_°)
まずは、ストレス、生活習慣(不規則な生活)、ダイエット、画像(パソコン、携帯)、食生活などです(´・_・`)
それらを過度に身体で受けた時に、自律神経のバランスが強く崩れてホルモンバランスに影響してしまいます(´Д` )
これが若年性更年期障害の始まりなんですよ〜(・・;)
なので更年期障害と若年性更年期障害とでは違いがあります。
更年期障害は閉経期、50歳前後にエストロゲンの減少で、自律神経に影響してしまいます。

image

どちらも自律神経に影響するので同じような症状が起きるのですね(^^)

症状は、月経不順、月経痛、頭痛、肩こり、腰痛、疲れが取れない、のぼせ、めまい、耳鳴り、肌荒れ、イライラ、気分が落ち込む、集中力にかける、などの症状があります。5個以上当てはまるのであれば、要注意ですよ(°_°)

明日はもう少し深く自律神経についてお話しますよー(^O^)
自律神経はと〜っても大切なのでぜひ知ってもらいたいです(^^)

明日もぜひ観てくださいねぇ(^O^☆♪

大変申し訳ありませんσ(^_^;)
7月11日までの予約空きが大変少なくなっておりますので、施術希望の皆様は、申し訳ありませんが早目にご予約お願い致しますm(_ _)m

image

携帯からのショートメールでもよろしいので、よろしくお願いします。m(_ _)m

今日は家のペット達を紹介デーす(^O^☆♪

ペット達のボス 食いしんぼうチャコ♪
♪今日もビールのおつまみのチーズをねだって側からはなれませ〜ん(´Д` )

image

マイペースで、臆病なミミ蔵♪
今日もたまにホーホーって鳴いてみました♪だって(^_^)v
image

探検家の亀太郎、今日も一日中、脱出方法を試みていました(^^)

image

☆明日からのシリーズは、若年性更年期障害と更年期障害を記載しますよー(^O^)
明日もぜひ観てくださいねぇ(^O^☆♪

皆様〜今日はシリーズで、紹介していたプチ鬱(O_O) が、ひどくならないための、アロマとハーブティーを紹介しまぁす(^O^)

☆まずは、日々のストレスを発散、解消する方と一緒に、アロマ(天然100%の精油)を取り入れてみましょう。
イライラの時のアロマは、オレンジスィート、カモミールローマン、ゼラニウム、ラベンダー、(自分に心地よい香りを選びましょう、ブレンドしても相乗効果がありますよ(^_^)v)
リフレッシュしたい時などは、ラベンダーとレモンなどでブレンドも良いと思いますよ♪
アロマディフューザーやアロマバス、蒸気吸入などで毎日使いましょう(^^)
アロマは鼻から脳内の視床下部に届き、心の健康を促したり、内分泌腺を刺激してホルモンの分泌を促進させます。
結果、免疫力向上につながります(^^)

☆アロマ同様に、ハーブティーもおすすめです(^^)
カモミール、パッションフラワー、リンデンなどは特に鎮静作用が高く、心を落ち着かせてくれます。
訳もなくイライラしている時などは、カモミールとパッションフラワーなどのブレンドティーもおすすめです(^O^)
ハーブティーも毎日飲みましょう♪
image
(^^)アロマとハーブティーは毎日取り入れる事で気がついた時に、元気になってるって事も結構あるんですよ(^_^)v
♪継続は力なり♪ですよねo(^▽^)o
image
明日はまた別のシリーズが始まりますよ〜(^O^)
ぜひ明日も観てくださいねぇ(^O^☆♪

皆様〜今日はプチ鬱が悪化しないための対策を教えますよー(*^◯^*)

まずは、プチ鬱(非定型うつ病)は、普通のうつ病と一緒の治療をしても駄目なんですよ(´・_・`)
プチ鬱の患者さんは、感受性が高く、自己コントロールがうまくできなくて、うまくストレスを吐き出せないんですよね(O_O)
なので、まずは生活習慣を少し見直し(朝きちんと起きる)、休養も必要ですが適度な負担も必要なんですよね(^^)
そして、カウンセリング(自分に合うカウンセラーを探せると尚良い)
感情のコントロールのために呼吸法(腹式呼吸)などで交感神経を鎮める。などの少しだけの努力も必要なんですよ(^^)
☆これらをトレーニングし、少しつづ、楽しい事、ストレス発散方など自分と相談しながら見つけていければ大丈夫ですよ(^^)

image


♪明日は、交感神経と副交感神経に良い、アロマとハーブティーを紹介しますよー(^O^)
プチ鬱さんにはアロマとハーブティーは必須だと私は思いますよo(^▽^)o
明日もぜひ観てくださいねぇ〜(^ー^)ノ

皆様〜昨日に引き続き、プチ鬱(非定型うつ病)シリーズ第3段☆

プチ鬱になる方の特徴として、どのような人が発症するか(O_O)小さい頃はしっかりして良い子、手のかからない子、甘えない、甘えられない、責任感が強い、自己主張しない、他人に助けを求めない、プライドが高い、優しいなどの方が自分自身いっぱいいっぱいになった時少しつづ発症していきます。

*実はうつ病患者さんは毎年増えるいっぽうなんですよ(´・_・`)
逆にあまりにも薬づけにされ、何年何十年と苦しんでいる方がいらっしゃるんですよ。

うつ病はセロトニン不足が原因とされてましたが、実は脳内のセロトニンははっきり測れませんので、なかなか薬だけでは解決に繋がらない現状もあるんですよ(・・;)
何年も苦しんでいる方は自分でも先が見えなくて苦しいはずなのでは(´・_・`)

image
明日は、具体的にどのような対策が良いか、記載します(^O^)
明日も観てくださいねぇ〜(^ー^)ノ

皆様〜☆今回のシリーズ、プチ鬱(^O^)2は、進行するとかなり厄介(・・;)っていう事。それと、うつ病とは異なり進行すると(O_O)…

まずは、非定型うつ病という診断がされます。
そして、*拒絶過敏症(他人からそれほどきつく批判されてなくても、ひどい落ち込みかたをしたり、感情が非常に敏感になり少しの事でも過度に反応してしまいます。)*気分反応性(自分が楽しいと異常にテンションも上がり、その反対に嫌な事があると異常に落ち込み、引きこもったりします)
*アンガーアタック(怒り発作で、急に大声で怒鳴ったり、相手をずーっと批判したり、物に八つ当たりしたりと、いわゆるキレル)
image

(O_O)このような症状は、なかなか世間では病気とは思われなくて、ただの気分やとかクレーマーとか落ち込みやすいとかで、片づけられてしまいがちですが、自分自身で心当たりがあるのであれば、ぜひ診断も必要かとも、思います(´・_・`)

☆実は世間ではこのような症状で悩み、最終的に外出もできなくなるかたも沢山いて、今や社会現象にもなってるぐらいなんですよね(´Д` )

明日は、どのような方が発症しやすいか、また、どのような対策が良いのか、を、記載しますので、ぜひ明日も観てくださいねぇ〜(^O^)

皆様〜☆今日からシリーズでプチ鬱のお話をしたいと思います(O_O)

まずは、プチ鬱って、普通にうつ病の軽いのだと思いませんかぁ?
(´・_・`)実はうつ病とは異なるんですよね(・・;)

プチ鬱は進行するとかなり厄介なんですよね(´・_・`)

まずは症状としては、やる気がでない、頭が痛い、疲れやすい、寝てるのに眠い、不安感、気分が落ち込む、体調がスッキリしない、睡眠過多、などの症状、で、これらの症状が、一日中でなく一定の時間に急になったりする。
そのような症状がある方は、プチ鬱の可能性も(O_O)
進行しないように早めに自身で発見すると対処できますよ(^^)
厄介なのは普通に社会生活はできるので、見落とされがちなんですよね(・・;)
image
明日は、プチ鬱がが進行すると、どうなるのか(O_O)を、お教えしますね。
結構な社会現象になってるのですよ〜^^;

☆明日も続きを観てくださいねぇ〜(^O^)

♪皆様〜(*^◯^*)チャルーからのお知らせで〜す♪


☆何と、今週から7月10日までの期間‼(*^◯^*)

♪ご来店、全身マッサージのお客様に限り、マカダミアナッツオイル☆フェイシャルトリートメントを無料体験できます(^O^☆♪
ぜひ、この機会に生まれ変わるお肌を実感してください☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
(ご来店の際はお化粧しないで来てくださいねぇ(^^) メイクしている場合はクレンジング料金が、かかりますのでね(*^◯^*))

☆マカダミアオイルさんはとーっても優れていて、何と(O_O)お肌に元々あるパルミトレイン酸がたくさん含まれているんですよ。
人間は30歳すぎると加齢と共に皮脂から失われていって、老化の原因の一つなんですよ(^^)そこで、マカダミアオイルさんの出番でパルミトレイン酸の他ビタミンEとミネラルがたくさん入っているので、な〜んとお肌が再生(O_O)若返る〜(((o(*゚▽゚*)o))) と、効果が期待できますよ(^_^)v
image
♪お肌の浸透もよく、そのまま、手足にも使える優れものです(^O^)
☆私はちなみに(^^)そのまま直接マカダミアオイルさんを塗って、その後アロマの化粧水をつけてるんですよ(^_^)v

皆様〜今日は、リンパ節のマッサージ方を教えますよー(*^◯^*)

☆リンパ節は大きく3箇所に分けました。
まずは鎖骨リンパのマッサージは、鎖骨を手のひらを当てて指で鎖骨を挟むようにして右左に滑らせるように数回マッサージしてください。
反対側も同じく(^^)

脇の下は、手を脇のしたに当てて前後ろに滑らせるように数回マッサージしてください。
反対側も同じく(^^)

そけい部(足の付け根)は、前側の女性であればショーツライン(要するに分る人には分るビートたけしさんがするコマネチ 笑^^;の部分) を、手のひらで上下、左右に滑らせるように数回マッサージしてください。

☆この単純なマッサージが実はリンパ球を増やしてくれるんですよ〜(^O^)
簡単なのでぜひ毎日してください(^_^)v

甲状腺の病気といっても、何種類もあって、予備軍みたいな軽い症状のも結構あるんですよね(´・_・`)とはいっても免疫の病気ですので、共通するのが、やはり免疫力を上げるのが1番なんですね(^^)
image
♪ハーブティーは私は総合的に身体、胃腸にも良いカモミールがベースのブレンドティーか、子供さんからご高齢の方まで飲んで安心のルイボスティーなどのハーブティーをオススメします(^^)あと、ビタミンCクエン酸が入っているローゼルなんかのブレンドティーも良いかも♪

☆明日はお肌にと〜っても良いオイル紹介しますよー(^O^☆♪
明日も観て下さいね(*^◯^*)

今日はお仕事が終わり、愛犬とビールとさきイカでした(*^^*)
しっかりおじさんになってしまいました(性別不能)

image


image



チャコで〜す♪

皆様〜今日は、胃腸に良いアロマ、胃が痛かったりムカムカしたり、何となく胃腸の調子が悪い時には、オレンジスィート、ペパーミント、ラベンダーなどの精油が良いですよ〜(^O^)
☆洗面器にお湯をはって、精油(オレンジ)を2~3滴おとして、良く混ぜタオルを浸し、絞りお腹に当てます。
☆キャリアオイル(10ml)ペパーミント(1滴)ラベンダー(1滴)良く混ぜ、お腹をマッサージします、の、の字を書くようにゆっくりマッサージしてください。
image
このように免疫力が下がるといろんな場所に支障がでて自分ではなかなかコントロールが難しくなります。
日頃から免疫力を上げるのはとても大切なんですよね(^^)

☆昨日もお話しましたが免疫力は(白血球)やリンパ球を増やす事が大切です(^O^)
で、リンパ節を刺激する事で、リンパ球が増え白血球が増えるんですよね(^^)
♪リンパ節の場所

上から、首の付け根(鎖骨あたり)、脇の下、足の付け根(鼠蹊部)、大きく3箇所に分けました。

明日は、マッサージ方と、ハーブティーを紹介しますよー(^O^☆♪
ぜひ、明日も観てくださいねぇ(*^◯^*)

皆様〜(^O^)今日は、甲状腺に良いアロマを紹介します。

☆甲状腺の病気の特徴は、自己免疫疾患なので、免疫力を上げるアロマなどが良いと思います。
♪まずは、イライラや寝つけない、そんな時は、ラベンダー、オレンジスィートのアロマを、枕もとにディフューザーで芳香するか、枕カバーに染み込ませたティッシュを入れてお休み下さい。
一日だけではなく一週間は試して下さいね(^^)

疲れやすい、無気力、眠いなどの時は、頭がスッキリしてリフレッシュできるレモン、ラベンダーを混ぜて、アロマペンダントやサシェ、ディフューザーなどで芳香してください。

免疫力を上げるのは、ユーカリ、ティートリー、ラベンダー、レモンなどのアロマバスやデュフューザーの芳香などをオススメします(^^)
☆免疫力を上げるのに一番良いのはリンパ節を刺激して、白血球を増やす事が抵抗力がつく事なんですよね(^^)(次回はリンパ節の場所を教えます)

image


まだまだ、記載しきれないので(O_O)またまた明日は、胃腸に良いアロマと、ハーブティーを紹介しますよー(^O^☆♪
では、明日も観てくださいねぇ〜(*^◯^*)

皆様〜昨日に引き続き、甲状腺の病気についてお話したいと思います。
昨日はバセドウ病の症状をお話しましたが、今日は橋本病という同じく甲状腺の病気の症状をお話しますね。

橋本病は、首元が腫れている、疲れやすい、無気力、寒さに弱い、筋肉が硬くなる、寝てもいつも眠い、体重が増える、顔がむくむ、便秘ぎみ、月経不順、月経過多、などの症状です(・・;)

ここで、バセドウ病と橋本病の違いは反対な症状なんですよ(・・;)
自己免疫疾患と考えられ、体を守るリンパ球が、甲状腺を攻撃するので、甲状腺の機能が低下し、ホルモン分泌の働きが異常になるんですよ。
はっきりした原因はわかっていませんが、食生活の変化やストレスが原因とも言われているんですよ。


(・・;)本当はわからないだけで実は女性の20~30人に1人の割合で発症してるんですよね(O_O)

image


当てはまる症状があれば、一度診察してみてくださいね(´・_・`)


☆明日はいよいよ、甲状腺に良いアロマなど紹介しますのでぜひ、明日も観てくださいねぇ〜(*^◯^*)

皆様〜今日は、甲状腺の病気のバセドウ病の自覚症状についてお話したいと思います。

まずは、症状として、首が腫れている、疲れやすい、イライラする、多量の汗、寝汗をかく、動悸、手足の震え、寝つけない、夜中に何度も目が覚める、体重が減る、目が突き出たように感じる、下痢ぎみ、月経不順、無月経、このような症状が長く続いてるようなら、ぜひ、一度、診察を受けてみましょう。

☆女性特有と思われがちですが、実は男性患者さんもたくさんいるんですよね(・・;)

明日は、もう一つの橋本病という同じく甲状腺の病気のお話をします。

image

♪シリーズの最後に、これらの病気に良い、アロマ、ハーブティーを紹介しますよー(^O^☆♪
ぜひ、明日も観てくださいねぇ〜(^^)

皆様〜☆ 今日から少し甲状腺の病気についてお勉強しましょう(^^)

まず甲状腺とは? 首のところにのどぼとけがありますね、その下あたりに、蝶のような形の物があります☆そこで体に必要なホルモンを造っています。

新陳代謝を促進するホルモンを分泌する臓器なんですよ(^^)


でもでも、ここの部分が以上をきたすと、甲状腺の病気になるんですよね(・・;)

今回はバセドウ病と橋本病を勉強しましょう(^^)
最後に、(シリーズの最後)
甲状腺の病気に効果が期待できるアロマやハーブティーを紹介していきたいと思います(^O^☆♪
image(ヤギこわ 笑)
明日からは第2段として甲状腺の症状についてお話したいと思いますo(^▽^)o
明日も観てくださいねぇ〜(*^◯^*)

皆様〜o(^▽^)o今日は、一息ついてハーブティーを紹介しますよー(^O^☆♪

☆私は毎日いろんなハーブティーを飲みますけど、お気に入りハーブティーの1つでローズピンクティーがあります。


image



♪見た目もバラのつぼみで可愛くて、香りも優しいバラの香りなんです。
味はクセがなくふんわりバラの香りがして、と〜ても美味しい(^^)

効能
リラックス、鎮静作用、気分が下がっている時、美肌、むくみ、生理痛などの効能が期待できますよ(^O^)

♪ぜひ、お試し下さい(^O^☆♪

明日からは、甲状腺についてのシリーズでブログを記載しますよー(^^)
観てくださいねぇ〜o(^▽^)o

皆様〜o(^▽^)o今日は、ストレスでの体調不良、第5段!

☆ストレスといっても、さまざまです。生きていく中で多少のストレスはあるし、また、交感神経のバランスをみてもストレスは適度にあった方が良い場合もあるんですよ(^^)

でも、あまり強いストレスだと交感神経のバランスが崩れて、身体全身に影響しいたるところに支障をきたします。
前回までは、部分的に紹介しましたが、今日は全身症状を紹介します。
まずは、倦怠感、疲れやすい、めまい、血圧の変動、いつも風邪みたいな症状があり微熱が続いたり‥など、(・・;) 3つ以上は要注意ですよ〜(O_O)

☆いろいろな精油、ハーブティーがありますが、私個人でオススメの対処方、ハーブティーを紹介しまぁすo(^▽^)o

♪精油は、ラベンダー、レモン☆
ディフューザーに入れて使用するなら、ラベンダー3~4滴、レモン3~4滴をおとしてください。
ラベンダーは鎮静、鎮痛、抗炎症、抗ウィルス、不眠、肩こり、高血圧、冷え症など、
レモンは末梢血管拡張作用、リフレッシュ、緊張型頭痛、風邪予防、肩こり吐き気など‥(^^)
※お風呂に入れ、リラックス効果、肩こり、血圧の変動、頭痛、冷えなどの症状緩和に期待できます。

レシピ
お風呂 塩 大さじ1杯、ラベンダー10滴、レモン8滴 ♪身体が軽くなりまぁす(私が笑)

♪ハーブティーはカモミール系、パッションフラワー、ラズベリーリーフがオススメ☆
ちなみに、私はストレスを強く抱えると血圧の変動がおきます(;^_^A
頭痛と腰痛も^^;
そんな時は先ほど紹介したお風呂とディフューザーで癒され、チャルーのオリジナルティーのローセを飲んでます(^^)
♪かなり高い血圧も通常に戻り、肩こりなんかも解消できます(私が、笑)

image
今回のテーマはストレスでした。第5段にわたり症状をお伝えしましたが、当てはまる内容の方(O_O)ひどくならないために緩和をしましょう(^^)
また次回、違うテーマで皆様にいろいろとお伝えしていきたいと思います(^O^☆♪

では、明日も観てくださいねぇ〜o(^▽^)o

皆様〜昨日に引き続きストレスからの体調不良(・・;) 第4段ですよ〜(^^)

ストレスが強くかかり、整形に影響したら(手) 手のしびれ、手の痛み、手の冷え、(足) 足のしびれ、足の冷え、足の痛み、足のふらつき、(筋肉、関節) 肩こり、筋肉の痛み、関節の痛み、関節のだるさ、力が入らない。などの症状が4つ以上当てはまったら要注意ですよ〜(O_O)


ストレスはさまざまな箇所に影響して悪さをしてるんですよね(・・;)
早めの対処が悪化を防ぐ事にもなるんですよ(^^)

いよいよいよ明日は、全身症状と、対策方を記載しまぁす(^ー^)ノ
ぜひ、明日も観てくださいねぇ〜(^O^☆♪

image

☆チャルーの看板やグッズ用品のためのイラスト、そして(^^)新しいチャルーのデザイン画で〜すo(^▽^)o

♪トーッテモ気に入ってまぁす(^O^☆♪


image

皆様〜昨日に引き続き、ストレスでの体調不良(・・;) 第3段ですよ〜(^^)

ストレスが強くかかり、(消化器)系に影響したら、食道のつかえ、異物感、吐き気、腹部膨満感、下腹部の張り、腹鳴、胃の不快感、便秘、下痢、ガスがたまる。(泌尿器)に影響したら、頻尿、尿がでにくい、残尿感などなど‥4つ以上当てはまったら要注意ですよ〜(O_O)

☆消化器系、泌尿器系には、ラベンダー、オレンジスィート、などのアロマをスィートアーモンドオイルなどで希釈して、胃、おへその回りなどに伸ばしてゆっくりとマッサージします。

☆あまり冷たいものは控えてなるべく温かいものも摂取しましょう♪

image
♪明日は第4段ですよ〜(^^)
全部で第5段までありますので、最終には自律神経に良いアロマとハーブティーを紹介しますよー(^O^☆♪
ぜひ観てくださいねぇ〜o(^▽^)o

☆皆様〜(^ー^)ノ昨日に引き続き、ストレスからくる身体の不調について第2段は、ストレスが強くかかり内臓に影響したら‥(・・;) (心臓、血管系の場合)
動悸、胸部圧迫感、めまい、立ちくらみ、のぼせ、冷え、血圧の変動
(呼吸器系の場合) 息苦しい、息がつまる、息ができない、酸欠感、息切れ、
などの症状が、3つ以上の場合はストレスで自律神経のバランスが崩れているかもしれませんよ〜(O_O)
image


☆このような場合の精油はフランキンセンス、ラベンダー、ユーカリなどです(^^)
☆ハーブティーはカモミールがベースのブレンドハーブティーが良いと思います(^O^☆♪

又、明日、第3段として、症状を紹介しますよー(^^)
最後に、全体のバランスが崩れている時に良い、アロマとハーブティーを紹介しますので、今しばらくお待ちくださいね(^^)
明日も続きぜひ観てくださいねo(^▽^)o

☆皆様〜ストレスは思ってる以上に実は体調に表れていますよ(・・;)

ストレスを長く感じていると、副交感神経と交感神経のバランスを崩してさまざまな症状が表れます(´・_・`)
ひどくなると自律神経失調症と診断されるんですよ。
☆今回はシリーズとして数回に分けてお話しますね(^^)image

今日は、自律神経のバランスが崩れた時の首から上の部分での症状!
(頭)頭痛、頭重感 (耳)耳鳴り、耳の閉塞感、(口)口の乾き、口内の痛み、味覚異常
(目)疲れ目、なみだ目、目が開かない、(のど)のどの異物感、圧迫感、イガイガ感、詰まる感、
☆当てはまる項目が3つ以上の方は要注意ですよ〜(O_O)


日頃からリフレッシュに心掛けてくださいねぇ〜(^^)

たとえば好きな事、映画、音楽 そしてアロマ〜(^^)
アロマは本当に優れていていろいろな要ととして使えるんですよ♪

これらの症状での当てはまるアロマはラベンダー、ユーカリ、レモンなどのアロマで〜す(^^)♪
☆ぜびお風呂に、ディフューザー、蒸気吸入などにお使い下さい(^O^☆♪

明日も続きをぜひ観てくださいね(^^)
いちばん最後に、症状別に合わせたアロマ、ハーブティーのレシピをお教えしまぁす(^ー^)ノ

♪皆様〜♪胃腸は元気ですかぁ(^O^☆♪

(´・_・`)そうでもない‥と、いう方のために(^^)胃腸の働きを良くする効果が期待できるアロマトリートメントを紹介しますよー♪
image
☆レシピ ☆ペパーミント1滴
☆オレンジ・スィート2滴
☆スィートアーモンドオイル 10ml
♪これらを全部混ぜて、手にとりお腹全体を軽くゆっくり時計回りでマッサージしましょう♪
☆便秘解消の効果も期待できますし、胃腸の不快感の緩和も期待できますよo(^▽^)o

♪簡単にできますのでぜひお試しくださいなぁ(*^◯^*)

☆皆様には長い間ご不便をお掛けいたしましたm(_ _)m
♪私事の怪我のため2週間にわたり休業になり誠に申し訳ありませんでしたm(_ _)m

(*^^*)ようやく施術ができるようになりましたよ〜♪
皆様にお会い出来るのを楽しみにしていますo(^▽^)o


image

皆様(^O^)最近、寒暖の差が激しく体調など崩されていませんでしょうか⁉


今日は鼻、喉のイガイガを緩和できるアロマを紹介しまぁす(^ー^)ノ

image
☆レシピ
ティトリー精油1滴
ユーカリ 精油1滴
スイートアーモンドオイル10ml

オイルに精油を混ぜ合わせ、首、胸に塗ります。
1日3~4回塗ってください。
容器に入れると、持ち運びもできとっても便利です(^O^)

皆様(^O^)チャルーオリジナルグッズ販売で〜す(*^◯^*)

☆ランチマット ¥650(税込)image

ハンドメイドで〜す!
ランチマットとでもテーブルクロスや飾ってもカワイイ♪イラストレーターのちゃずさんの絵柄です(*^^*)

コースター¥200(税込)image




♪トーッテモ可愛いですよ(((o(*゚▽゚*)o)))

☆今日、絵描きちゃずさんにお願いした(^^)チャルーのイラストが届きましたぁ(^O^☆♪
♪とーっても虹色がキレイで水辺に動物達が集まりとーっても楽しそう(*^◯^*)

image

☆こちらのイラストでもグッズを作りたいと思いまぁす(^O^☆♪

次のページ